ヤフーの検索結果にグーグルのアルゴリズムが採用

※この記事は2010年の内容になります。

——–

ご存知の方も多いと思いますが、今後、ヤフーがグーグルの検索システムを採用することが決定しています。

その変更時期について正式には発表されていませんが、私がヤフーを利用していても、頻繁に事前テストを繰り返しているような現象が起きていますので、今年中には変更されると思います。

ところで、この変更がホームページをお持ちの企業やお店の方にどんな影響があるかというと、ご自身のサイトを、あるキーワード(例:アロマサロン 丸の内)で、グーグルで検索すると1ページ目の上位に表示されるのに、ヤフーで同じキーワードで検索しても2ページ目以降に表示されてしまうといったサイトであれば、ヤフーのシステム変更によって、今後アクセス数の増加が期待できます。

つまり、いま現在いろいろなキーワードで検索した場合に、ヤフーよりもグーグルのほうが上位に表示されやすいサイトは、今後のシステム変更によって有利になります。

ただし、逆に 同じキーワードで検索したときに、ヤフーの検索結果は1ページ目の上位に表示されるのに、グーグルでは2ページ目以降に表示されてしまっているというようなサイトでは、今後アクセス数が減ってしまう可能性があります。

そのようなサイトの場合は、対策として、できるだけサイトへのリンクを集めるようしたり、また、サイト内部の文章の使い方が最適化できていない場合がありますので、一度見直されてみるといいかもしれません。

キーワードによっては、お金を一切かけなくても上位に表示させることは十分可能なので。