バスケットボール男女

スラムダンクやNBAでおなじみのバスケットボール。皆さんも中学や高校で一度はやったことがあるでしょう。
しかし改めてバスケットの基本的なルール、そしてその魅力を紹介したいと思います。

ルール

1チームの中から5人がプレイヤーとしてコート内で戦いますが、交代しても何度でもプレイヤーとしてゲームに復帰できます。
ゴールの得点は、スリーポイントライン外側からのシュートが3点、内側からのシュートが2点、フリースローが1点となります。
ボールを持った選手は、ドリブル以外の方法では、3歩以上移動することができません。
これに違反するとトラベリングとなり相手ボールとなります。

試合の流れ

パスやドリブルをしながらボールを進め、バスケットにシュートして得点を競い、試合時間終了後により多くの得点を得たチームが勝利となります。
試合時間は10分を1ピリオドとし、第1ピリオドから第4ピリオドまでの4つのピリオド、計40分間です。
ただしファウルなどのたびに試合時間は一時停止されます。

みどころ

攻守の交代がめまぐるしく変わるスピード感あふれる試合展開は、見応えがあります。
また、勝敗のカギとなる多彩なチームプレーや華麗なボールさばきが魅力です。
また、七大学のバスケ部は全国でも有数の実力であり、国公立最高峰のレベルを誇ります。
日頃のたゆまぬ努力から生まれた選手達の妙技をとくとご覧あれ!