馬術

ディープインパクト、オグリキャップにハルウララ…、数々の名勝負を生み出してきた名馬たち。「馬」と聞くと、多くの人はあの疾走感のある競馬を思い浮かべるでしょう。
しかし、馬で競うのは速さだけではありません。
馬術とは、馬の能力とそれをいかにして制するかという人間の技術を競うスポーツなのです。

馬術とは

今大会で行われるのは貴族社会であったヨーロッパに端を発するブリティッシュ馬術です。手綱で馬に指示し、運動の正確さや美しさを重視します。
また、服装も燕尾服や山高帽であるなど礼儀・礼法も重視されます。オリンピックなどで行われる馬術競技もほとんどがブリティッシュ馬術由来のものです。

競技の形式

1校3人の団体戦で競います。
内容は、あらかじめ決められた場所・順番に従って課目を行い、その美しさや正確さ、馬とのコミュニケーション力を競う「馬場馬術競技」と、障碍が設置されたコースを馬に回らせ、いかに障碍を壊させたり越えるのをためらったりさせず進めるかを競う「障碍飛越競技」の2種類が行われます。

見どころ

一見すると、馬の動きのみが競われているように思われるかもしれませんが、実際は馬にいかに指示するかであるとか馬からの衝撃をいかにゆるめるかなど騎乗する人間の動きも重要なのです。
このような人と馬の信頼関係の上に成り立つ、人馬一体となった姿に是非ご注目ください。