ソフトボール

2008年の北京オリンピックで金メダルを獲得し、知名度を一気に高めたソフトボール。ソフトボールと聞くと、女性のスポーツだと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には男子・女子問わず広く行われているスポーツなのです。

ルール&みどころ

基本的には野球と変わらず、1チーム10人(指名打者制のため)でピッチャーの投げたボールを打ち、ホームベースを踏むと1点なのですが、いくつかソフトボール独特のルールがあります。
まず、ピッチャーは下からボールを投げなくてはいけないというルール。
このルールこそあの豪快に腕を一回転させて投げるウィンドミル投法を生み出しました。
また、下から投げるために打者の手元で浮き上がってくる「ライズボール」という変化球も見られます。
これは野球には見られない、ソフトボール独特の変化球だと言えるでしょう。

加えて、野球と比べてグラウンドが狭く、塁間も狭いために走者に有利な面があります。
そのためセーフティバントやスラップ(一塁へ走り出しながら打つ打法)といった小技や、相手の守備の隙をついて次の塁を狙う積極的な走塁が多く見られ、スピード感に溢れた引き締まった試合が展開されます。

野球と似ているようで、一味違った試合展開が楽しめるソフトボール。七大戦参加校のレベルはいずれも高く、緊張感溢れる試合が期待されます。
ぜひ、会場までご観戦にいらしてください。