相撲

日本人にとっては野球、サッカーと並んでプロスポーツの存在として身近な相撲。学生スポーツとしては若干マイナーですが、筋骨隆々の力士たちが戦う姿は見ものです。

起源

相撲は日本固有の宗教である神道に基づいた国技で、その起源はとても古いものです。古墳時代の埴輪や須恵器などにも相撲の様子が描かれています。
現在知られているような大相撲は江戸時代に入ってから形作られてきました。

ルール

簡単ですが相撲のルールのおさらいです。
相撲は、2人の力士が土俵上で組み合い、相手を倒す、または土俵外に出すことにより勝敗を競う競技です。
試合の流れは、仕切り→立合い→勝敗の決定、となります。
公式な決まり手として、投げ・掛け・反り・捻りを中心としたものがあり、突く・殴る・蹴る、の三手が禁じ手とされています。

迫力のある試合をぜひ実際に見に来てください。