バレーボール男女

みなさん体育の授業やスポーツ大会などでどなたも一度はやったことがある、おなじみのバレーボールを紹介します。

ルール

1チームのプレイヤーは、6人以上12人以内で構成され、前衛・後衛それぞれ3人、計6人で競技を行います。後衛のプレーヤーはネット際でのスパイクやブロックを禁止されるなど、ポ ジションに応じてプレーに制限があります。
サーブ権を持つチームの選手がサービスを行い、ボールの打ち合いが始まり、攻撃決定やミス、反則で打ち合いが終 わります。
これをラリーといい、現在ではラリーに勝ったチームが1点を得るとともにサーブ権を獲得するラリーポイント制で行われています。
またポジション はサーブ権を獲得するごとに時計回りに入れ替わり(これをローテーションという)、新たにバックライトに就くことになったプレーヤーがサーブを打ちます。

試合の流れ

試合は先に25ポイント(第5セットに限り15ポイント)を取ったチームに1セットが与えられ、3セットを先に獲得したチームが勝者となる5セットマッチで進行します。
また、1セット中に2回タイムアウトがとれ、状況に応じて作戦や休憩を与えることができます。

女子バレーのみどころはトスワークを中心とするチームプレー、そして男子バレーでは高速スパイクに代表されるパワー・スピードです。
七大戦のバレー競技においても見応えあるラリーの応酬がご覧になれます。是非会場まで足を運んでみてはいかがでしょうか。